DISCOGRAPHY

Unlimited tone
アンリミ感謝祭2014 @namba Hatch

ライブDVD

CLUB UNLIMI内の通信販売ページはこちら
※ファン活サイトに登録のみでご購入いただけます

2015.05.27 発売
UTR-007 3,000円(税込)
  • M0 オープニング
  • M1 morning 〜 一度きりのキス
  • M2 face 2 face
  • M3 TryTryTry
  • M4 島ガール -okinawa-
  • M5 夕焼けトレイン
  • M6 オアシス
  • M7 Anyday anyplace
  • M8 With your Hands
  • MC (歴史刻みボタン)
  • M9 Change
  • M10 プレゼント
  • M11 Love you so much
  • M12 FREEEEEWAY!!
  • M13 I believe you
  • ENCORE
  • EN1 あなたのそばで想うこと
  • EN2 sing a cappella
  • EN3 七色の虹を追い越して
  • エンドロール

Unlimited tone
POP TONE

5th Full Album

CLUB UNLIMI内の通信販売ページはこちら
※ファン活サイトに登録のみでご購入いただけます

2015.04.27 発売
UTR-006 3,000円(税込)
  1. IntRoDuction
  2. フェスティバル
  3. RainDrops
  4. RUN
  5. あなたのそばで想うこと
  6. 宇宙飛行士
  7. LR
  8. KOI
  9. はじまりのうた
  10. FREEEEEWAY!!
  11. Clap YOUR hands

Special Track : With your Hands

このアルバムに寄せて佐藤竹善さん(SING LIKE TALKING) よりメッセージをいただきました。

歌ものの曲ってのは、かつてクインシー・ジョーンズが「どんな音楽でも、まずは人さし指一本で弾いたものが良いかどうかにかかっている」と言ったように、メインになるメロディーがしっかりあってこそなのだが、その上でどんなアンサンブルが広がっていくのかも、もちろん音楽の大きな魅力だ。

アンリミは主に、それが歌のハーモニーに表れている。 とてもとても緻密なハーモニーが、まったく押しつけがましくなく響いてくるのは、(まずは、いい曲を作り歌い、演奏したい)という想いの上で、ハーモニーを楽しんでいるからなのではないかと思う。 その彼らの音楽やハーモニーには、往年のポップ、ロック、カントリーからR&BまでのレジェンドたちのコーラスDNAが、しっかりと溶けている。 アカペラものを別として、メインのメロディーだけでなく、ハーモニー全体をリードボーカルとして響かせるポップス文化は、日本は圧倒的に発展途上だ。

そんな中、彼らは優しく受け入れやすいメロディーと共に、確かな実力を土台にして、日本ではまだまだ希有なスタイルで、しっかり聞かせてくれるのである。かつて、イーグルスはステージ直前に楽屋裏で何度もハーモニーの点検を行った。そこにある曲だけでなく、そんな行為自体も音楽そのものであるし、アンリミの本番直前の心の風景も、きっとイーグルスと同じに違いない。 そしてまた、そんなこんながすべて詰まったのが、このアルバムだ。
曲がよくてハーモニーが圧倒的に美しい… シンプルだが、こんな贅沢な事を実現できる連中ってのは、実はそんなにいるもんじゃないのである。

佐藤竹善 (SING LIKE TALKING)

ARCHIVE

Unlimited tone
ルースフォンチ
土居康宏
松藤量平
YES
2012.09.08 発売
123
2012.07.12 発売
ten
2012.02.10 発売
L
2010.11.11 発売
PAGE TOP